のんびり ゆっくり

たんなるつぶやき

いい人の仮面を被る人

まだ私が若かった頃。

 

「どうですか?気兼ねなく気軽に話してくださいね…」と、ご年配の方から笑顔で言われたので、相手を信頼して、前から気になったことを正直に話しみたところ、急に相手の機嫌が悪くなり、嫌味なことをネチネチ言われたことがあった。

 

あのときは、まさかこの方がこんな態度を取るなんて!と驚き、私が悪かったのかしら?…と申し訳ない気持ちでいっぱいになったけど、今は単に、相手の心が狭くて小さかっただけだと分かる。

 

あの時、相手の虚栄心や期待を満たすことを、私がちゃんと言ってあげなかったからだ。

 

相手の期待を満たすために存在しているのか?私は…。

 

いや違う。

私は誰かの虚栄心を満たすための道具ではない。

 

相手が腹を立てても、それは私が悪いのではない。だから落ち込んで傷つく必要はないのだ。

 

あの時の自分に、伝えてあげたい。

 

 

気が短い人ほど、一生懸命に「私は心が広くて善人なんだ」と装う。いい人の仮面を被る。

 

でも、こうした外面の顔に騙されてはいけない。

 

平気で嘘をつく人につかまらないよう、自分は自分に正直でありたい。

私は常に明るく堂々と生きたいと思う。

 


f:id:mama-papa-131106:20210619174511j:image